トレードに発奮したケリー

グッチこと坂口クンの離脱...。

仕方ないことではありますがねぇ。
開幕3戦目での”事故”だった。
大きすぎたですよ、ほんとに..。

直後の2カード目、相手はベイさん。
荒木クン等がカバーし2勝1敗で勝ち越し。
一丸野球で頑張るぞって感じでした。

そして3カード目のドラゴンズ1戦目。

5回裏でしたかね、代打でタイムリー二塁打。
打ったのは移籍後、初打席の若武者。

そう、ケリーこと太田賢吾クンでした。

この一打、アピールを機に..。
太田がグングン躍進し始めたわけです。

第3戦目でもヒットを放った太田。
今季3打数2安打って結果の中、
荒木の打率が落ち始めた事も手伝って。
4カード目、マツダからスタメンGET。

第1戦で1番サード先発。
5打数3安打3得点1打点。
チームは樹理クン好投もあって勝利。

これは後々を加味しても大きな活躍でした。


f0385356_00283155.jpg


”鬼門”のマツダで初戦勝利。
ここから太田は止まらなかった。

第3戦でも活躍。

3打数1安打2得点1打点2四球。
1・2戦を勝利、カープさんは太田警戒。
2四球は初回と2回。
そして、この繋ぎを機にチームは2回6得点。

結果はご存じマツダ3連勝となった。


f0385356_00312891.jpg


開幕直後、12試合。

チームは8勝3敗1分とスタートダッシュ。
チームを勝たせたグッチ代理、太田の活躍。

これ、太田自身にも誠に大きかった。


f0385356_00322612.jpg


太田の今季結果は以下です。

90試合 337打席 303打数 76安打 打率.251
13二塁打 1三塁打 3本塁打 100塁打
36得点 27打点 78三振 25四死球
出塁率.307 得点圏打率.277 OPS.637。

例によって所感恐縮ながら...。

ホントに良く頑張ってくれたと思う。
そりゃまあ、課題は結構あるんだろうけど。
来季に繋がる経験が沢山できたって思うし。
必ずや糧にしてくれると..期待しかない。


f0385356_00333729.jpg


1997年1月生まれの22歳。

今季、最下位のウチだけど。
グッチ事故直後の活躍を機に、
ほぼ1シーズンに1軍帯同してくれた。
これは大きかったって思います、はい。

同年代の若手にも大いに刺激になったろうし。
なにより本人にもチーム全体にも、
来季に繋がったケリーの活躍だったと思う。

143試合目、最終試合もサヨナラ締め。

バットコントロールの上手さは天性のもの。
相手投手の配球が読めるようになる来季。
三振も減って益々、進化してくれるはず。

来季も楽しみなケリー..期待してます‼


神宮の杜


Twitter【ファン歴47年 神宮の杜】
YouTube【神宮の杜 Live Community】
 チャンネル登録 お願いできると嬉しいです!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jingu17 | 2019-10-09 00:51 | SWALLOWS選手 | Comments(0)

SWALLOWS FAN BLOG


by ファン歴47年 神宮の杜