ドラフト1位ルーキーの行方

忘年会シーズンもピーク。
結構、付き合い幅が広くって、
昨日は土曜日なのに忘年会があって...。

幼馴染の野球チーム忘年会。

今季のMVPを皆で投票で選ぶわけ。
敢闘賞とかグットプレイ賞とかの
表彰もあって、大いに盛り上がったんです。

けど、一次会が横浜駅で開催なのに、
三次会が新橋って。
どうしてそうなったのか、覚えてない。

う~ん。

最近、よく覚えてない事が多くなった。
です...。

何処をどうやって帰ってきたのか。
まったく覚えていないっす。
たぶん、おそらく、きっと。
脳の劣化が始まってるんだわ。

そんな事ってありません?

同調の方、
健康もとより、
くれぐれも置き引き&スリとか、
気をつけましょ。

いやあ、
フラフラのグタグタですわ...。

それでも、
勤め人の長年の習性なんでしょう。
朝は割とビシッと起きれちゃう。

ということで、
長い文章の割には、
クソ面白くない前置きもこの辺で...。


今朝は村上クンの事などチラッと。

2017年ドラフトにて、
九州学院高から1位入団の17歳。
高校1年時からレギュラー4番に抜擢。
この時は1塁手だったようです。
甲子園切符を手に入れている。

その後、捕手にコンバート。
強肩、しかも俊足ときてる。
(50m6.1秒、こりゃ早いわ)

f0385356_23450139.jpg

本日ふくめ、
アチコチのニュースを摘まんでると、
どうも、
3塁手にコンバートする球団方針の様子。

この件にちょっと触れようと思う。

結論として、私も賛成ですね。
理由は大きく3つ。

一番目は、
やはり、あの打撃力。
動画を見てもリストの強さがうかがえる。
これって天性の資質だと思う。

この資質を早く活かしたい。

それに、
捕手としてのキャリアが少なすぎる事。
肩も強いらしいし、資質はあるのだろうが、
守備力、配球リードなど、
一線級の捕手に育つまでに時間を要すはず。

決して選手を育てないという事でなく、
その選手の長所を最大限に伸ばすこと。
これが育成の最たる重要な点だと思う。

二番目は、
俊足であり華がある点を活かしたい事。

長打力のある左打者が現在いない。
3年後、3割30本打てる力があると思う。

三番目は、
チーム事情との照らし合わせ。

故障がちの”元”レギュラー陣の年齢、
刺激を考えても1塁3塁を任せていくのは
とてもチーム活気士気を高めるはず。

ただ、難点というか悩むのは、
”捕手”も近年、
課題のポジションであること。
昨年、今季と防御率は(も)最下位。
投手の責任だけでは無論ないわけで。
しかも、打撃イマイチだし。

ここが現首脳陣も悩ましいのではないか。

以前、EXCITEで書きましたが、
私は同ドラフト入団の松本クンに期したい。
そう思ってます。
守備だけなら来季正捕手ですよ。

もっと申せば、
この絵を描いた上でのドラフトだったはず。
違うかな~。

最終的には、
春キャンプで村上クンの実力を
見てからの判断になるのでしょうが。

そのまま、3塁案でいくようなら、
川端復帰は1塁。
畠山と競争になる。

無論、
村上クンがレギュラー奪えるだけの
結果を出せばの話ではありますが...。

そうなってほしいっすね~。
どんどん競争社会化してるスワローズ。

来季は、見どころ満載ですよ。
ワクワクします。


神宮の杜

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by jingu17 | 2017-12-24 06:18 | SWALLOWSビジョン方針 | Comments(0)

SWALLOWS FAN BLOG


by ファン歴47年 神宮の杜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31